手作りアクセサリー初心者からハンドメイド作家をめざそう

手作りアクセサリーを作ってみたい初心者さんはもちろん、いずれは作家として頑張っていきたい皆さんを応援します

【ハンドメイドアクセサリーの基礎金具】U字金具・U字カン 役割・使い方を解説

U字金具/U字カンはボールチップの代わりになります

 

 U字金具(U字カン)はつぶし玉(カシメ玉)と一緒に使います。

ボールチップとつぶし玉のような関係で、ワイヤー、糸、テグスなどの手作り作品も素敵に仕上げてくれます。

 

平ヤットコでつぶし玉をつぶせばワイヤーなどのエンド処理が簡単にできます

 

習得時間 10分から30分 

 

つぶし玉とU字金具を使って、ちょっとエレガントなネックレスを作りましょう✨

テグスを使うので、とても繊細なネックレスになります。

 

 

 基礎金具 つぶし玉(カシメ玉)とU字金具・U字カン

つぶし玉、カシメ玉とU字金具・U字カン

つぶし玉

 

U字カン

U字金具(U字カン)

 

つぶし玉(カシメ玉)とU字金具の組み合わせは、主に、テグス、糸やワイヤーのエンド処理の金具として使用します。

 

テグス

アクセサリー作りで、テグスやワイヤーはチェーンの代わりにもなります。安価・柔軟性のある素材で扱いやすいため、持っていると重宝します。

テグスは、仕上がりが目立ちにくいため、立体ビーズなどにも使われますが、ワイヤーに比べると強度は落ちるのが弱点。最近では強度のあるテグスも出ています。

 

ワイヤー

テグスよりも張りや弾力性があるため、結んで処理をすることができません。

強度があり伸縮性がないので、重いアクセサリーの使用に最適です。 

 

 

つぶし玉(カシメ玉)とU字金具(U字カン)の使い方

 

U字カンの使い方を説明・解説

 

ビーズを通したワイヤーのエンド処理をします。

ビーズを通したら、つぶし玉 ⇨ U字金具の順番にワイヤーを通していきます。

 

U字カンの使い方を説明・解説

 

ワイヤーの端をもう片方のU字金具に通して、つぶし玉まで通します。

すると写真のような形になります。ワイヤーは、写真のグリーンパール2個分中に戻しいれてます。

 

そのワイヤーをキュキュッと引っ張り、余分なワイヤーが見えないようにしますが、ワイヤーは伸縮性がなく、また張りも強いので、どうしても少しワイヤーが見えてしまうかもしれません。

 

平ヤットコでつぶし玉をつぶします。つぶすときには、ぎゅぎゅぎゅっと力を入れてください。

ここでしっかりつぶし玉をつぶして押さえないと、ワイヤーが抜けてしまう可能性があるためです。

 

U字カンの使い方を説明・解説

 

余分に長いワイヤーは、ビーズ2個分から3個分戻してからワイヤーをカットしてください。

 

U字カンの使い方を説明・解説

 

U字金具に丸カン、ヒキワやダルマ板などをつければ、これでエンド処理完成。

 

U字金具を使ったネックレス

 

U字金具が使えるようになると、ワイヤー(テグス)ネックレスが作れるようになります。

f:id:keep-smiling-keep-shining:20181227224648j:plain

ワイヤーやテグスをしっかり伸ばして作ってみてください。 

 

テグス、U字金具、つぶし玉、スワロフスキー数種類

 

★準備した材料★

・テグス3号(約55㎝)
・U字金具(U字カン)2個
・つぶし玉12個

・スワロフスキー(緑5㎜)とスワロフスキー(オーロラ5㎜)各10個

・チェコ石(5㎜)10個 👈 写真右上

・丸カン2個
・ヒキワ
・ダルマ板

★使用工具★
・平ヤットコ ・丸ヤットコ ・はさみ

 

 

 

 

テグスとスワロフスキーをネックレスにする途中

 

U字金具をつけてから、スワロフスキーのオーロラ、チェコ石、スワロフスキーの緑、つぶし玉の順番で全て入れます。

 

写真のような形になります。この時、入れたパーツが作業中にワイヤーから外れてしまわないように、エンドのテグスにテープを貼ったりクリップで留めたりしておくと良いでしょう。

 

テグスとスワロフスキーをネックレスにする途中の解説

 

スタートは、U字金具そばのつぶし玉から4.5㎝ごとにつぶし玉をつぶしていきます。

つぶし玉でスワロフスキーが留まっていくので、きれいなデザインができていきます。

 

最初にテグスにつぶし玉をつけて、スワロフスキーを入れる前に4.5㎝ごとにテグスやワイヤーに簡単に印をつけておくと、その都度定規で計るという作業工程が減ります。デザインを見ながらつぶし玉をつけたい場合は、定規で計って調整してください。

 

ここでポイントになるのが、つぶし玉の留め方です強くつぶさないと取れてしまいますが、強すぎるとテグスが切れてしまう恐れもあります

今回使用しているテグスは3号の強ですが、2号を使うとつぶし玉を留めたところが切れてしまう可能性があります。

 

つぶし玉とカシメ玉の組み合わせには、できるだけ強いテグスを使用してください。

場合によっては、釣具店で販売されている強い、切れにくいテグスを使うのもおススメです。

 

テグスとスワロフスキーをネックレスにする途中の解説

 

こんな感じです。これに丸カンとヒキワやダルマ板をつければ完成です。

 

テグスとスワロフスキーをネックレスにする途中の解説

 

出来上がったネックレスがこちら。

上に飾った指輪は、ネックレスに合わせたものです。

余談ですが、ビーズの指輪は工程数が多いので結構手間がかかりますが、ネックレスは製作時間が半分以下で作れます。

 

U字カンを使ってテグスとスワロフスキーで作ったネックレス完成品

 

洋服につけるとこんな感じになります。

ライトが当たって、テグスが光ってますが、実際にはテグスはそれほど目立ちません。

 

こちらの作品は、1.5㎜のつぶし玉を使用しています。3個ずつをセットにしてつぶし玉で留めていますが、こちらを1つずつつぶし玉で留めていくと、また雰囲気の違った作品になります。

f:id:keep-smiling-keep-shining:20181227100418j:plain

 製作時間 20分から40分程度

 

まとめ

今回紹介したのはネックレスでしたが、実はブレスレットを作るつもりでした。

2重にしたら、手元が華やかになるのでは?とのアイデアからでした。が、、、

 

しっかりサイズも計り、色々計算したつもりでしたが、実際に手首に巻き付けてみたら長い、長すぎる😅

 

ってことで、ネックレスへ急遽変更しました。

もし、手作りする機会がありましたら、ご自身に合ったサイズで作ってくださいね。

 

そして、万が一失敗したと思っても機転を利かせることで別のアクセサリーへの応用が可能です。もし、製作時間もそれほどかかっていなかったり、パーツも使っていなければ作り直しをしてください。

 

失敗しても、作り直すことで更に素敵な作品に仕上がることは多々あります。

 

 

ポチっとして頂けるとブログ書く励みになります。お願いします💖

 

 にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村