手作りアクセサリー初心者からアクセサリー作家(ハンドメイド作家)をめざそう

手作りアクセサリーを作ってみたいと思った方はもちろん、既に作っていていずれは作家として頑張っていきたいと思う方を応援するブログです。

どうするの?確定申告【確定申告が必要な人と不要な人】

本業・副業ハンドメイド作家は、条件によって確定申告が必要なのです

 

自分で作った作品を販売アプリやネットで売った場合、確定申告が必要になる場合があります。

所得のない専業主婦がハンドメイド作品を販売した場合と、仕事をしている人がハンドメイド作品を販売した場合では、その売り上げた所得の金額によっても申告が違ってきます。

 

え、皆一緒ではないの?「不平等だよ!」と思われるかもしれませんが、確定申告について説明いたします。

  

 

確定申告が必要な人・不要な人

確定申告が不要な人がいます。

所得がない人で、販売した金額の所得が「38万円以下」の人

所得のある人で、販売した金額の所得が「20万円以下」の人

は、確定申告が不要です。

 

ハンドメイドの確定申告

 

所得がある人で、ハンドメイドの所得が20万円以下であっても、住民税の申告が必要になりますので、ご注意ください。

 

もし副収入の住民税だけ自分で納付する場合は、住民税の徴収方法を「自分で納付(普通徴収)」を選択してください。ここを選択しないと、会社のお給料から副業分の住民税が天引きされるようになります。

 

チェックの厳しい経理担当者から「あれ?」と思われてしまうので、気を付けてください。

 

*所得のある人とは、正社員だけでなく、アルバイト、パート、フリーランスも含みます。

 

確定申告ってなんですか? 

確定申告は、1年間の「所得」を税務署に申告をすることで、納税額の金額を決めるために行います。

 

1年間の所得は「毎年1月1日から12月31日」で決まり、申告時期は「翌年の2月16日から3月15日」になります。

 

所得とは

1年間の「所得」とは、ハンドメイド作品の売り上げた金額ではなく販売利益になります。

 

ハンドメイドの確定申告

 

一般的に、確定申告では「所得」という言葉が使われます。

ハンドメイド作家さんにとっての所得は、販売によって得られた純粋な利益が「所得」になります。

 

例えば、ピアスを 1,000円で販売したとします。このピアスを作るのに、材料費が300円だとします。そうすると、所得は700円になるわけです。

 

ハンドメイド作品の販売に至るまでに、必要経費がかかっています。この金額を売却金額から引いてください。

 

必要経費として計上できるもの

作品を作る際の材料費はもちろんですが、実は材料を購入する際の移動費なども必要経費として計上することができます。

 

  • 材料費(製作のために購入したパーツ類)
  • 工具(作品を作るために必要な工具類)
  • 通信費(販売のために使用したインターネットの使用料や郵送料など)
  • 書籍代(作品を作る際に必要とした書籍やネット販売の方法を学ぶための書籍類も含まれます)
  • 移動費(パーツを購入する際の移動費/ガソリン代、電車代、バス代など)
  • 宿泊費(遠方でイベントに参加する際に生じた宿泊費)
  • 出展費(イベント参加の際の出展費)
  • 消耗品費(ショップカード、名刺、商品タグなどの作成に要した費用)
  • 消耗品(筆記用具、プリンター、プリンターインクなど)

 

その他にも、ハンドメイド作品を製作する際に必要とした出費は、必要経費になります。

 

ハンドメイドの確定申告

 

 こうやってあげてみると、よほどの売れっ子作家さんではないと、確定申告が不要な気がしてきますね。しかし、いつ爆発的に売れる作家さんになるか分からないので、日ごろから確定申告の準備はしておくと良いと思います。

 

領収書やレシートで証明

必要経費が〇〇円かかりましたという証明は、領収書やレシートを使います。

しかし、交通費のバス代、電車代などはレシートがありません。そういうときは、出金伝票を作成して、税務署に提出してください。

 

出金伝票は、文房具店、100円ショップなどで購入することができます。

ハンドメイドの確定申告

 

また、レシートを紛失してしまった時も出金伝票を使って代替することもできますが、できる限りレシート、領収書はしっかり管理してください。

 

副業のハンドメイド作家さんは要注意

確定申告をすることで、勤務先に副業をしていることが分かってしまう場合があります。最近では、副業可の職場も増えてきましたが、会社の規約をしっかり確認してください。

 

副業禁止であれば、ハンドメイド作品の所得を20万円以下に抑えた方が良いかと思います。 

 

まとめ

 

多分、確定申告を知らずに活動されている作家さんもいるかと思います。

しかし、売れっ子作家さんになった時に、税務署から不意にチェックが入るということもあります。もし確定申告をしていなかった時は、追徴課税を支払わなくてはならない!なんてこともあります。

 

ハンドメイドの確定申告

 

レシートなどは大切な証明書ですので、しっかりと管理してください。

 

実際に、売り上げから必要経費を引いてみると、思った以上に利益がない方もあるかと思います。そうなんですよね。現実を見てみると、販売代金が入ってきても、思った以上の利がないかもしれません。

 

しかし、継続は力なりです。作品が認められて講師への道、雑貨店からの大口契約が入るかもしれません。夢は膨らませて、未来のために頑張っていきましょう。

 

 

ブログを書くはげみになりますので、よろしければポチ願います。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村