手作りアクセサリー初心者からハンドメイド作家をめざそう

手作りアクセサリーを作ってみたい初心者さんはもちろん、いずれは作家として頑張っていきたい皆さんを応援します

【厚紙や身近なもので作るタッセルメーカーの作り方】簡単にハンドメイドで希望サイズのタッセルが作れます!

手作りタッセルメーカーを厚紙で作ろう

 

更新日 2018年12月15日

 

タッセルって何?という方に解説しますと、毛糸・絹糸などを束ねた房飾りのことをいいます。カーテンを留めたりするときにぶら下がっているのがタッセルになります。 

 

タッセル

 

以前のブログでもタッセルを取り上げました。

その時は、様々な素材でタッセルを作ってみようということで、綿、レイヨン、金属と作ってみました。また、タッセルメーカーを使って、タッセルを作ってみるとどれぐらい簡単かということも検証してみました。

 

 

今回は、ピアスやイヤリング、または指輪の飾りとしてのアクセサリーパーツ用に使う小さなタッセルを 身近にあるものを利用・加工して作ってみました。

 

スポンサーリンク

 

 

タッセルを作ってみよう

タッセルメーカーを利用して作ることも可能ですが、最小サイズが3㎝になります。

もし、それ以下のサイズを作りたい場合は、タッセルの長さを短く切りそろえてつくることになりますが、それでは無駄になってしまう糸や素材が多いのが悩みでした。

 

そこで、身近にある定規を使って作ることを紹介しましたが、今一度駆け足で説明します。

 

タッセル

 

定規に糸を巻き付けて、頂点を固結びして留めてから頭の部分を5回ほど巻いて下を切るというものです。 

  

タッセルの作り方 

 

タッセルの作り方

 

 

タッセル完成品

 

 

この方法でもきれいにタッセルは作れますが、作っていく中で、そうだ⁉

と思いついたのが、こちらです。

スポンサーリンク

 

 

自作のタッセルメーカー

 

★準備するもの★

・方眼紙、なければ厚紙
・はさみ
・セロテープ(なくても作れます)

 

 

厚紙のタッセルメーカー

 

 たまたま厚紙の方眼用紙があったので、こちらを今回は作りました。

作りたい大きさのタッセルの倍の大きさで、写真右のようなのような形のパーツを切り出してください。もし2㎝のタッセルが作りたければ、縦4㎝が必要になります。

出来上がりは、下を切りそろえたりするので、少し小さめになります。

 

確実に2㎝の大きさが必要であれば、縦5㎝あると良いでしょう。

 

厚紙タッセルメーカー

 

強度が心配だったので、今回は同じ大きさのものを2つ作り、セロテープで重ねて留めました。これがタッセルメーカーになります。

段ボールの切れ端や厚紙があれば簡単に作れます。

 

タッセルの作り方

 

厚紙に、糸を巻いていきます。

写真の糸は12周巻いてます。こちらは最終的に半分に折り曲げるので、全部で48本の糸のタッセルになります。12周だから24本に思えてしまいますが、巻き付けているので1周巻くと前と後ろ1本ずつの糸ができます。

 

タッセルの作り方

 

糸を巻き終わったら、真ん中をしっかり結び厚紙から外してください。

 

タッセルの作り方

 

結び目の所に丸カンやCカンをはめます。

平ヤットコを使ってカンを広げて糸を中に入れたら、しっかり閉じてください。

丸カンやCカンは、使う用途によって大きさや色の調節をしてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

 

 

タッセルの作り方

 

ここから、少し力技になります。丸カンやCカンで留めた所から半分に折ります。

そして、首の部分に糸を5周ほど巻き付けてしっかり留めます。タッセル用の留め方がありますが、作っているタッセルが小さいのと、糸に弾力があって数本を束ねて1本にしている「にしきいと」を使用しているため、今回はほどけないように固結びしてます。

さらに、留めた所には目立たないように、接着剤をつけて補強しました。

 

タッセルの作り方

 

輪になっている下の部分を切ります。ばらばらの状態なので、胴体部分をマスキングテープなどでまとめます。まとめることで、切りそろえやすくなります。

 

タッセルの作り方

 

完成品です。

慣れるまでは少し時間がかかりますが、コツをつかめば簡単です。

 

クリスマスバザーに出品する作品を作るために、試作で色々なタッセルを作ってみました。素材もまちまちです。

 

色々な種類のタッセル

 

大きめのタッセルは、100円ショップで購入した糸で作ってみました。

クリスマスシーズンなので、タッセルを天使の形などに加工してツリーに飾るリースでもできたらいいなぁと思ってます。

スポンサーリンク

 

 

おススメの手芸用はさみ

タッセル作りに必要なのが、抜群に切れるはさみです。なかなか切れないはさみだと、タッセルの下を切り揃えようとしても糸が逃げてしまって、なかなかとらえることができません。

 

そこで、よく切れるハサミを手に入れたので紹介します。

関の手芸用はさみ

こちらのはさみ、関市のふるさと納税(8,000円)の返礼品で頂きました。

関市は、刃物で有名なのですごく切れるはさみなんだろうなと思ってましたが、想像以上の切れ味に驚きました。小さいながらも威力は大きいです。

 

関市のはさみ

手に馴染みやすいフォルムで、手が疲れないのはもちろん、刃先が鋭いので細かい作業にはストレスなしです。タッセル作りだけでなく、多岐にわたって活躍してくれます。

 

糸が逃げないのは、ものすごく微妙にはさみの部分がカーブしているからでしょうか。

関市のはさみ

 

 


【内容量】

品番 RPC-80
全長 80mm
刃の長さ 11mm
ブレード材質 ステンレス刃物鋼 1K8
ハンドル素材 ABS樹脂
ビス ステンレスネジビス
包装形態 ビニールケース
商品重量 裸 8g パッケージ入り 13g

ハイカーボンステンレスを冷間鍛造し研削にもこだわり切れ味と耐久力に優れ繊細な用途にむいています。

【発送・製造元問い合わせ先】
提供元:丸章工業株式会社  0575-22-0259 

 

匠の技を感じられる一品でした。もしご興味ありましたら、ふるさと納税の返礼品でハンドメイドのお供を頂いてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

 

 

保湿でハンドケア

 

トライ&エラーで色々と試作品を作ります。Tピンや9ピンを相手にすることが多いので、気づかなかったのですが、タッセルを作っていると指のささくれなどに、割と引っかかってきます(;´∀`)

 

保湿してから作ると、引っかかりが少なくストレス軽減になります。

最近のハンドクリームは、あまりベタベタせずに塗ってもすぐにさらっとした感じのものも多いです。ハンドクリーム探しも楽しいですね。

 

タッセルを使ったピアス

 

クリスマスにつけてみたいタッセルピアスを作ってみました。

前回作った、金属タッセルとシェルビーズのピアスと同じ形ですが、素材が違うだけで雰囲気もかなり違ってきます。

 

タッセルピアス

 

タッセルにつけたスワロフスキーは、ヒヤシンスシマー。コットンパールも薄いピンクを使いました。

 

タッセルピアス

 

シマー加工されたスワロフスキーは、オーロラとは違った輝きがあり、見る角度によってブルーが入って見えたり、イエローが入って見えたりする、不思議な加工です。

 

耳に当ててみましたが、かなり女子力アップします。これからの季節に活躍できそうです。

スポンサーリンク

 

 

まとめ

 

単純作業でできるタッセルは、糸で留めるところのポイントなどを押さえるだけで簡単に出来上がります。

 

材料も100円ショップで売っているレースや糸で十分作ることができますので、お子様と一緒に作りながら、クリスマスツリーに飾ってみても楽しいと思います。

 

私事ではありますが、そろそろクリスマス🎄バザーに向けての作品作り頑張ります。

大規模なハンドメイド仲間が集まって、それぞれの得意分野作品を作り販売し、売上金は全て、寄付になります。今年はタッセルを使った作品と、大好きなコットンパール、淡水パール、スワロフスキーのアクセサリー作品などを出品予定。想像するだけで、楽しくなります💛

 

できるだけ多くのお子様に素敵なクリスマスが届くことを願います。

スポンサーリンク