手作りアクセサリー初心者からハンドメイド作家をめざそう

手作りアクセサリーを作ってみたい初心者さんはもちろん、いずれは作家として頑張っていきたい皆さんを応援します

シャワー台の使い方は?シャワー台を使ったアクセサリーを紹介

シャワー台とは?使い方は?

シャワー台はハンドメイドに使う金具の一種です。形がシャワーヘッドと似ていることから、このような名前がついたようです。

様々な大きさがあり、小さいものはピアスやピンにしたり、大きいものは帯どめにしたりペンダントヘッドやポニーフックにしたりしますが、決まりはないので自分が好きな大きさを選ぶのが良いでしょう。

シャワー台とは?シャワー台の使い方


ぽつぽつ空いている穴にテグスや手芸用ワイヤーをいれてビーズ、ビジューなどを留めます。また、レジンや手芸ボンドを使ってアクセサリーパーツを留めることもあります。

アイデアで、色々な形にすることができますが、丸カン・Cカンなどの基本的な金具に比べると活躍の場はちょっと少ないかもしれません。

 

シャワー台の種類

 

シャワー台の使い方

メーカーによって、まるみの大きさが違ったり、穴の数も違ってきます。

 

シャワー台の種類

シャワー台に留める金具です。

タックピン、リング、ピアスや写真にはありませんが、イヤリングなどもあります。

このお皿になる部分に爪がついていて、最後にヤットコで閉じます。 

シャワー台に代用できるアクセサリーパーツは難しいですが、役目としては透かしパーツが近いかもしれません。透かしパーツについては、こちらの記事を参考にしてください。

 

www.momotsu.com

 

スポンサーリンク

 

 

シャワー台を使ったアクセサリー

今まで作った作品は、チェコビーズがキレイに輝くようにと雫のビーズを使って製作したものが圧倒的に多く、以前も紹介した写真になりますが、大玉のしずくビーズをモリモリにテグスで留めています。リングにしました。

 

f:id:keep-smiling-keep-shining:20190719183517j:plain

 

こちらもリングに加工しました。形の違うビーズを使ってお花をイメージしたデザインにしています。

f:id:keep-smiling-keep-shining:20190719183626j:plain

小さな小さな講習会を開いたときに、👆のリングを参加者と作りました。

ほんの少しだけテグスを引っ張るコツ、テグスの留め方がわかれば、約1時間ほどで作れる作品です。

 

今回は、こちらの作品の作り方を紹介いたします。

スポンサーリンク

 

シャワー台としずくビーズのアクセサリー

早速出来上がり写真から。チェコビーズの色が違うと、同じようなデザインでも表情が違ってくるんです。キュンキュン🧡

シャワー台を使ったアクセサリー

 

裏は、タックピンになってます。

 

シャワー台で作るタックピンの材料と作り方

難易度 ★★    製作時間: 45分から1時間半

 

チェコビーズをテグスでしっかり留めること。

テグスを引っ張る力加減がポイントになります。

所々、固結びをしてシャワー台に留めていけばここはクリアー!

準備するもの

シャワー台を使ったアクセサリーの材料

 

★材料★

2号のテグス 60㎝程 
チェコビーズ 6×9㎜ 12個
チェコビーズ 5×7㎜  6個
淡水パール  2×2㎜ 1個
シャワー台(タックピン) 12㎜ 1個
接着剤 少々
油性ペン、セロハンテープ

★必要工具★
 平ヤットコ
 
参考価格(全て税抜価格)
・12㎜タックピンシャワー台 160円
*3列 真中1穴  2列目6穴  3列目12穴 
・チェコビーズ 6×9㎜(色:モンタナラスター)20個 180円
・チェコビーズ 6×9㎜(色:オーロラクリスタル)20個 120円
・チェコビーズ 5×7㎜(色:トパーズラスタ)30個 180円
・淡水パール 1連を900円で購入
・2号のテグス 50m 140円
 
 
購入時期などによって、価格が上下することがあります。 

スポンサーリンク

 

作り方

シャワー台を使ったアクセサリーでテグスに色付け

2号のテグスを60㎝ほどカットして、頭の部分に油性ペンで印をつけます。

テグスは透明なので、時々先端を見失うことがあります。

ここに印をつけているだけで、作業は格段に楽になります

 

早速、テグスをシャワー台に通していきます。

 

シャワー台を使ったアクセサリーの作り方

 

写真1のようにシャワー台の裏から真中の穴にテグスを通します。

写真2のように、シャワー台の表に出てきたテグスに淡水パールを通したら、テグスをシャワー台の真中に戻します。

テグスを入れた穴とテグスを出す穴が一緒になります。

 

終わり(シッポ側)のテグスは、約5㎝ほど残しておいてくださいね。

 

シャワー台を使ったアクセサリーの作り方

 

淡水パールがうまくまっすぐ立たないことがありますが、根気強く座りの良い位置を探してみてください

見つけたら、テグスを引っ張ってシャワー台の裏でテグスを固結びします。

 

シャワー台を使ったアクセサリーの作り方

 

真中に淡水パールが置けたら、次に隣り外側列に移動します。6つある穴のうち、どこの穴でもよいので、最初と同じように裏からテグスをだし、5×7㎜のチェコビーズを入れて、同じ穴にテグスを戻します。

 

シャワー台を使ったアクセサリーの作り方

 

1つ出来上がったら、隣の穴に進みチェコビーズを入れていきます。

3つチェコビーズを留められたら、いずれのチェコビーズがしっかり留まっていることを確認して、シャワー台の裏で型結びをします。

 

時々、テグスを固結びすることでチェコビーズのテグスがゆるくなるのを防げます。

 

シャワー台を使ったアクセサリーの作り方

 

残りのチェコビーズも同様に通して3つも留めてしまいます。

留め終わったら固結びします。すると写真のような形になります。

 

シャワー台を使ったアクセサリーの作り方

 

一番外側の穴に移ります。

最後に留めたピンク(トパーズラスター)のチェコビーズの一番近い外側の穴からテグスを通して、6×9㎜のチェコビーズを通します(写真左上)。

こちらもテグスを入れた穴にテグスを戻して留めます(写真右下)。

外側のテグスは、1つ留めるごとに固結びをするとゆるみません。

 

色々な方法でやってみて、これが一番しっかり留まりました。

 

シャワー台を使ったアクセサリーの作り方

 

次に、写真のように対角線上の穴にチェコビーズを入れていきます。

 

シャワー台を使ったアクセサリーの作り方

 

次に対角線上の既に入っているチェコビーズの所から、1つ飛ばした穴にテグスを通して、チェコビーズを留めていきます。

 

シャワー台を使ったアクセサリーの作り方

 

写真右下で、ブルー(モンタナラスター)のチェコビーズが全部留まりました。

 

ブルーのチェコビーズを最後に留めた所から一番近い穴にテグスを通して、次にオーロラクリスタルのチェコビーズを入れていきます。

 

シャワー台を使ったアクセサリーの作り方

 

こんな感じになります。これをブルーのチェコビーズと同じように留めていくと

 

シャワー台を使ったアクセサリーの作り方

 

最終形は、こうなります。ブルーとクリスタルのビーズが上下になって、少し厚みが出ます。厚みを出したくない時は、クリスタルのビーズを2つ少なくするともう少し平たい感じになります。

 

シャワー台を使ったアクセサリーの作り方

 

こちらの写真は、クリスタルのチェコビーズがブルーよりも2つ少なくなってます。

 

 

ここまできたら、あともう少しですよ~

 

スポンサーリンク

 

 

 

シャワー台の閉じ方

シャワー台を使ったアクセサリーの作り方

 

固結びするごとに、接着剤で固定しても良いのですが、接着剤が乾くまで作業が中断するので、桃つ流は全部留まったら、爪楊枝を使ってテグスの上に接着剤を乗せていきます。

 

乾くまで、しばしコーヒータイム☕

 

シャワー台を使ったアクセサリーの作り方

 

これは、ヤットコで爪を倒すときにお皿の金具部分を傷つけないためです。

ちなみに

シャワー台を使ったアクセサリーの作り方

 

カバーしないと、写真のような傷がついてしまいます😢

 

シャワー台を使ったアクセサリーの作り方

ほんの少しだけ、爪を内側にしておきます。

そうすると爪をヤットコで折ってシャワー台につけやすくなるのです。

 

失敗して、爪を何度も曲げたり伸ばしたりすると金属劣化で爪が折れてしまうことがあるので気をつけてください。

 

シャワー台を使ったアクセサリーの作り方

 

ヤットコで爪を折ってつけ終わったら、セロハンテープはピンセットなどではがします。そして、これで作業は完成ですよ~。

 

ブログ書いてる私が、なぜかちょっと感動ww

 

シャワー台を使ったアクセサリーの作り方

 

横から見るとこんな感じです。

シャワー台を使ったアクセサリーの作り方

 

ちょい後ろからだとこんな感じになります。

 

★ポイント★

既に書いてますが、テグスを引っ張る力加減が大切です。
引っ張りすぎると切れてしまう場合もあります。
また、テグスを引っ張る時はビーズ近くのテグスを引っ張ってください。

テグスは、力を加えられて伸ばした部分はくるくるっと丸まってしまうことがあります。テグスは、ビーズの近くの部分を上手に引っ張ってくださいね。

 

スポンサーリンク  

 

まとめ

シャワー台を使った他のアクセサリーの紹介も少しずつしていきたいと思います。

今回紹介したチェコビーズのアクセサリーは、季節によって使う色を変えていくと夏だけでなくオールシーズン楽しめます。

 

材料は、ざっくりでワンコイン。とはいえ、キットにはなっていないので、最初にテグスやチェコビーズが必要になりますが、練習を兼ねて何個か作られたり、お友達と作ってみてくださいね。 

   

おまけ

2019年夏。なぜか毛布の上で昼寝するコモモ。

やっと夏らしくなったけど、この先どうなるのでしょうか。

チワワの昼寝

 

そして目覚めたら…

チワワのコモモ


お腹空いたモードになってます。
視線の先には、ジャーキーが。

 

 

スポンサーリンク  

 

ブログを書く励みになります。良かったらポチって下さい🙇

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村