手作りアクセサリー初心者からアクセサリー作家(ハンドメイド作家)をめざそう

手作りアクセサリーを作ってみたいと思った方はもちろん、既に作っていていずれは作家として頑張っていきたいと思う方を応援するブログです。

【保存版 UVレジンの注意点】楽しくUVレジンやハンドメイドするために気を付けなければいけないこと!

UVレジンの特性を知って安全にハンドメイドを楽しもう

 

手軽にアクセサリーパーツを作れるUVレジンを紹介してきました。

樹脂を紫外線に当てて固めていくUVレジンですが、薬剤の臭いが強いものがあったりします。

 

私自身、何も気にせずに作っていましたし、友人やネットでもアクセサリーの幅が広がると、UVレジンをすすめてきましたが、気を付けなければいけない点があるのではないか⁉と、思いました。

 

f:id:keep-smiling-keep-shining:20181128155739j:plain

 

ハンドメイドを楽しむうえで、安全第一でなければいけません。そこで、UVレジンを扱う上で、気を付けなければいけない点を調べてまとめてみました。

 

確実な内容にするためにも、レジン液を販売している会社に問い合わせをしてみて回答もいただきましたので、是非参考にして頂ければと思います。

 

 

 

UVレジンで注意しなければいけないのは?

 UVレジン液は、手芸クラフト用と工業用で使われるものがあります。

一般的に、手芸用のショップで販売されている商品は手芸クラフト用として販売されています。

 

しかし、中には工業用のレジン液を手芸用として販売している商品もあります。
これは、表示を見て分かるかというと正直難しいです。


信頼という意味で、一般的にクラフト界で知名度の高い「星の雫」を販売しているPADICOさんは、自社ホームページにて「手芸用クラフト用UVレジンとして販売している」ことを記しています。

 

100円ショップで販売されているチューブのレジン液も、確認したところ手芸クラフト用として販売しているとのことでした。

 

UVレジンの作業中の換気は必ず行うこと

レジン液がUVライトで硬化する際にガスが発生します。レジン液の量などによって発生するガス量は異なってきますが、換気をするようにしてください。

確認した中では、人体に障害が起きるようなレベルのガス量ではないのですが、その時その時の体調によっては、気分が悪くなる場合もあるかもしれません。

 

f:id:keep-smiling-keep-shining:20181128155849j:plain

 

また、妊婦さんも安全のために産婦人科の先生に確認するようにしてください。

寒い時期は、窓を開けて作業するのが難しいと思いますが、換気扇をつけて空気の循環をすると共に、定期的に休んで外の空気を吸うようにしてください。

 

私もこれから作業するときには、休憩、換気、気を付けます。

 

火気厳禁

 絶対に「火」のないところで作業してください。

太陽光でもレジン液は固まりますが、強い日差しの中では急激に温度があがり、発火の恐れもあるようです。

もし太陽光を利用して硬化されるときは、十分に気を付けて行ってください。

 

レジン液から手を守るために手袋着用

レジン液を素手で触ってしまうと、レジンアレルギーを発症してしまう人がいます。

レジンアレルギーを一度発症してしまうと、治療が困難なようです。

 

歯の詰め物もレジン製のものがあり、歯の治療からレジンアレルギーを発症する人もいたのですが、近年では手芸によるレジンアレルギーが増えてきているようです。

 

レジン液を直接手で触れてしまうと、肌に浸透してしまいアレルギーを発症してしまうことがあるようです。手袋を着用すると同時に、肌へ付着しないように気を付けてください。UVレジンの教本などでは、素手で取り扱っている写真がありますが、本の注意書きでも「肌に直接触れないように手袋を着用して作業することをお勧めします」と、あります。

 

f:id:keep-smiling-keep-shining:20181128160058j:plain

 

手袋は、市販の手袋で問題はないようです。手袋に穴が開いていないか確認してから使用するようにしてください。また、UVレジンが付着したものを使い続けると、レジン液が別のものに付着してしまう可能性が高まります。あまりに汚れている時は新しいものと取り替えてください。

 

もしレジン液に触れてしまったら

紫外線が当たらないようにして、ティッシュなどで液体をふき取り、石鹸で良く洗うようにしてください。

 

硬化したレジンはアレルギーになる?

硬化したレジンは樹脂アクセサリーと同じ素材になり、肌に触れてもアレルギーを発症しないとあります。しかし樹脂アレルギーの方は要注意になりますね(;´∀`)

 

ソフトタイプのレジンに関しては、肌の弱い人は注意した方が良いようです。

少しでも異変を感じたら、皮膚科の先生に相談してください。

 

 硬化後のレジン研磨作業にはマスク着用

硬化したUVレジンをやすりなどで削る際には、粉塵が発生します。吸い込まないようにマスクを着用することをおススメします。

 

私は、この記事を書くにあたって色々調べていくうちに、作業中はマスク、手袋着用するようにしました。

 

UVレジンの硬化に電子レンジの使用不可

揮発した溶剤が電子レンジの中に残ってしまうだけでなく、爆発する可能性もあります。絶対に絶対にやめてください。 

 

f:id:keep-smiling-keep-shining:20181128160136j:plain

 

まとめ

私は、比較的肌が強い方なので、素手で作業をしてました。が、今回確認する機会をもち、アレルギーになる可能性があるのなら、極力触れないようにしようと思いました。

  

人と自然に優しいUVレジン、水溶性UVレジンもあることがわかりました。

岡本化学工業株式会社さんです。肌が弱い、体に優しいレジン液を探していたという方は、こちらに問い合わせしてみてください。 

 

www.okachemi.com

 

持っている本には、UVレジンに関する注意事項というものがなかったり、あっても小さな文字に数行記されているだけでした。

電話で対応してくれた方から、丁寧に説明して頂きまして本当に感謝です。

 

安全にハンドメイドを続けるために、くれぐれも注意してUVレジンを楽しんでください。

今週のお題「読書の秋」

 

 

ブログを書くはげみになりますので、よろしければポチ願います。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村