手作りアクセサリー初心者からハンドメイド作家をめざそう

手作りアクセサリーを作ってみたい初心者さんはもちろん、いずれは作家として頑張っていきたい皆さんを応援します

【保存版UVレジンの注意点】UVレジンやハンドメイドするために気を付けなければいけないこと!

この記事は2019年4月に更新しています

注意点を守って安全にUVレジンを楽しもう

UVレジンは、紫外線を樹脂に当てて固めて製作するお手軽なハンドメイドです。
しかし、中には薬剤の臭いがきついものがあったり、長い時間その空間にいることで気分が悪くなってしまう人もいます。

 

私は、あまり深いことは考えずにUVレジンでハンドメイドを楽しんできたのですが、レジンを扱うことで気をつければいけないことや、知っておかなければいけないことがあるのではと思い、調べてみました。

 

f:id:keep-smiling-keep-shining:20181128155739j:plain

 

楽しくハンドメイドをする第一条件は、安全であることです。そこで、疑問に思っていたことも含めUVレジンについて調べてみました。直接、レジン液を販売している会社に問い合わせたり、キットを販売している会社に問い合わせをしてますので、是非参考にして頂ければと思います。

 

スポンサーリンク 

 

 

UVレジン液の購入で注意しなければいけないのは?

 

レジン液の中には、工業用手芸クラフト用があります。ハンドメイド用として販売されているものは、全て手芸クラフト用だと認識していました。しかし、実際には工業用レジン液がハンドメイド用として販売されていることもあるようです

 

レジン液を購入するときに、そこまで気にして購入しませんよね。そして、残念ながらレジン液を入れている容器には、

「このレジン液は手芸クラフト用です」とか「工業用です」などといった但し書きはないのです!

 

では、どうしたらよいのか!

「信頼できる会社のUVレジン液を購入すること」

としか申し上げられない事実。

 

実際に、レジン液で信頼できるPADICOさんは、自社ホームページにて「販売しているレジン液は手芸クラフト用」であることをしっかりと記載しています。

 

また、初心者の方が一番手に取りやすい100円ショップのレジン液ですが、製造会社に問い合わせをしてみましたところ、手芸クラフト用という回答を頂きました。私が問い合わせたのは、Daisoになります。100円ショップによっても流通経路が違ってきますので、気になる時は直接問い合わせをしてみてください。

スポンサーリンク 

 

 

UVレジン製作中の換気は必ずこまめに行うこと

レジン液が硬化する際に、わずかではありますがガスが発生します。扱うレジン液の量にもよりますが、換気をしっかり行ってください。作業に集中したり、冬の時期は冷気を入れたくないなど、ついつい換気を忘れてしまいがちです。

 

正直、私自身もうっかり忘れてしまいます。

 

確認したところ、発生するガスは人体に障害が起きるようなレベルではないのですが、疲れていたり、睡眠不足であったり、妊娠中であったりと、その時の体調によっては、気分が悪くなる場合もあるかもしれません。

 

f:id:keep-smiling-keep-shining:20181128155849j:plain

 

妊婦さんも安全に楽しめるUVレジン液があるようですが、産婦人科の先生に確認することをおススメします。

ついつい空気の入れ替えを忘れてしまうなんて方は、換気扇をつけて空気の循環をしたり、作業が一段落した時には休憩を入れて外の空気を吸うようにしてください。

  

とにかく大切 火気厳禁!

 絶対に守って欲しいのが「火」のないところで作業すること

太陽光には紫外線がふくまれるので、レジン液は固まります。ついつい強い日差しの中ならすぐに硬化すると思って、太陽光を利用される方がいるかもしれません。

 

強い太陽光は急激な温度上昇により、発火の恐れがあります。
太陽光を利用するときには、日差しの強い時や温度が高い時は要注意!

 

そして、近くに火を使うものを置かないように注意してください。

スポンサーリンク 

 

 

レジン液から手を守るには手袋着用

レジンアレルギーになってしまう一番の原因は、レジン液を素手で触ってしまったり皮膚についてしまったりすることで、発症してしまうようです。

そして、一度発症してしまうとその治療は困難で長いつきあいになってしまうこともあります。

  

歯の詰め物もレジン製のものがあり、以前から歯の治療によりレジンアレルギーを発症する人もいましたが、最近では手芸によるレジンアレルギーが増えてきているようです。

 

ついつい無防備になってしまうのですが、レジン液を直接手で触れてしまうと、レジン液が肌に浸透してしまうことでアレルギーを発症することがあります。

しっかりと手袋を着用すると同時に、他の皮膚へレジン液が付着しないように気を付けてください

 

UVレジンの教本では、素手で取り扱っている写真があります。しかし本の注意書きでも「肌に直接触れないように手袋を着用して作業することをお勧めします」と、書いてあります。もう少し大きく書いてほしいですね。

f:id:keep-smiling-keep-shining:20181227095842j:plain

 手袋の質は、市販のもので問題ないようです。しかし、手袋に穴が開いていないか確認をしてから使用するようにしてください。100円ショップで購入できるものでも、問題はないようです。しかし、UVレジン液がついたものを使い続けると、レジン液が別のものに付着しやすくなります。汚れがひどい時は新しいものと取り替えてください。

 

●桃つゆみおススメの手袋●

歯医者の先生が使用する手袋を購入しました。手袋は VOLK100 商品番号45-2464になります。

100枚入りで、購入金額は約700円(2018年12月購入時)

長いことお世話になっている先生にUVレジンの作業の話をしたところ、こちらの手袋を紹介してもらいました。そして注文してもらいました。医療品専門のネットショップでも購入が可能です。薬局などものぞいてみてください。

f:id:keep-smiling-keep-shining:20181223170240j:plain

 

スポンサーリンク 

 

 

もしもレジン液に触れてしまった時は?

紫外線が当たらないようにして、ティッシュなどで液体をふき取ったら、石鹸を使って良く洗うようにしてください。石鹸がないときは、しっかりと流水で洗い流してください。

   

もしも皮膚に異変を感じた時は?

レジン液に触れてしまった箇所に水ぶくれができたり、赤く腫れてしまったり、かゆみがでてきた、皮膚がむけてきたなど、ちょっとでも異変を感じたら、すぐに適切な医療機関にかかることが大切です。

 

受診が遅れて治療が遅くなると、症状がひどくなることがあります。

受診する病院の先生に、レジン液を使った事や、そのレジン液を持っていくと処置や話が早いかもしれません。

 

安心できる病院を受診

 

受診するのは、アレルギー科、もしくは皮膚科になります。

大切なのは、アレルギー科、皮膚科の専門医師がいるところに行ってください。一人の先生が、内科と皮膚科を診ている病院もありますが、看板一本で診察している先生は、多くの症例を診ていますし知識も豊富です。

 

レジンアレルギーや手荒れの手

 

レジンアレルギーになると、かゆみ、痛み、腫れなどに悩まされるだけでなく、大好きなハンドメイドレジンから遠ざかってしまうことになります😢

 

後悔しないために、信頼できる病院や先生に診てもらうことが回復への近道です。

 

硬化したレジンはアレルギーの原因になる?

硬化したレジンは樹脂アクセサリーと同じ素材になり、基本的には肌に触れてもレジンアレルギーを発症しないとあります。しかし、ソフトタイプ(組タイプ)のレジンに関しては、肌が弱かったりアレルギー体質の人は注意した方が良いです。

  

やはり少しでも異変を感じたら、皮膚科の先生に相談してください。

 

 硬化したレジン(樹脂)研磨作業にはマスクが必要か?

硬化したUVレジンをやすりなどで削る時には、粉塵が出ます。吸い込まないように、できるだけマスクを着用することをおススメします。

ネイリストの方も、マスクを着用していますよね。ジェルを固めて研磨する際に、粉塵が発生するのを吸い込まないようにするためです。 

 スポンサーリンク 

 

 

UVレジン液の硬化に電子レンジ?

これだけは絶対にやめてください!揮発した溶剤が電子レンジの中に残ってしまうだけでなく、爆発する可能性もあります。

 

f:id:keep-smiling-keep-shining:20181128160136j:plain

 

まとめ

私は、何も考えずに素手で作業をしてました。素手で作業する方のが、細かい作業もしやすいですし。しかし、今回UVレジンの注意点を確認する機会をもつことで、アレルギーになる可能性があるのなら、できるだけ触れないように注意しなくてはと思いました。

  

安心してレジンを楽しみたい方には「自然に優しいUVレジン、水溶性UVレジン」もあることがわかりました。

岡本化学工業株式会社さんです。こちらに問い合わせしてみてください。 

 

www.okachemi.com

 

UVレジンのレシピ本本には、UVレジンに関する注意事項というものがなかったり、あっても小さな文字で分かりにくいものでした。

安全にハンドメイドを続けるために、注意してUVレジンを楽しんでくださいね。

 

この記事を書くにあたって、電話で対応してくれた各会社の担当者様より丁寧に説明して頂きまして本当に感謝です。

スポンサーリンク