手作りアクセサリー初心者からアクセサリー作家(ハンドメイド作家)をめざそう

手作りアクセサリーを作ってみたいと思った方はもちろん、既に作っていていずれは作家として頑張っていきたいと思う方を応援するブログです。

【時代の流れに乗ろう!】プロポーズリングのプロデュース

箱パカ、「け、けっこんしてください!」のプロポーズに変化の兆し

 

朝の情報番組で「プロポーズリング」が取り上げられていました。

プロポーズ、【propose】名詞、申し込むこと。求婚

 

人生の中で大切な一コマになるわけです。

もちろん、人生のパートナーへ告白をしようと思っている人は気合が入るわけです。が、そこに保険をかける?兆しがあるようです。これも時代の流れなのでしょうか。

 

「プロポーズリング」とは、プロポーズのための指輪で、大粒(小粒)ダイヤモンドのついた婚約指輪よりも安価で購入できるものを指すようです。

 

f:id:keep-smiling-keep-shining:20181101111154j:plain

 

そして「ありがとう。よろしくお願いします。」の言葉を無事に頂いてから、二人で婚約指輪を購入することで、万が一の「ごめんなさい」でも、痛い出費をなくすという大切な役割もしているようです。

 

 

ハンドメイドのプロポーズリングを出品

指輪を作る上で難しいのはサイズです。

土台にグルーデコを使ってスワロ、ビジューやメタルチップをのせていくものは、エタニティータイプのぐるっと一回りしているものではなく、途中で間が切れているリングだとサイズの微調節が可能です。

 

私は指輪の製作をするのも大好きで、中でもスワロフスキーをたっぷりデコレーションしたものは、ほぼ9割以上の人(一応保険かけましたが)が、満足してくれます。

 

ネットやアプリを利用する場合、女性の利用率が高いことから、プロポーズリングの販売は厳しいかと思います。

しかし、プロポーズをしてもらいたいと願望を抱いている女性から「〇〇で販売されているハンドメイドリングが素敵なの~」と彼へ積極的なアプローチがあるかもしれません。

結果、販売につながる可能性もあります。

 

f:id:keep-smiling-keep-shining:20181101143330j:plain

 

ですので【プロポーズリング限定】とせずに、【入学式・卒業式や、特別なプロポーズリングとしてもOK】というように間口を広くして、作品タイトルにするという方法もあります。

 

また、商品説明に【プロポーズリング】と入れると、その言葉を初めて聞いた女性は興味を持ってハンドメイド作品をクリックしてくれる可能性も高くなります。

 

【手作り男子必見】すぐにでも作れるプロポーズリング

自分の思いを伝える重要なシーン。

折角なら、これを機に男性にもハンドメイドの楽しみを体験しつつ、自分の思いをそのリングに入れて欲しい気持ちもあります。

 

そこで、簡単に作れてゴージャス感の出るリングの作り方を紹介したいと思います。

 

超簡単 接着剤で貼るだけタイプ 難易度 ★

こちらは、以前のブログでも紹介した自由が丘のレミースさんで購入した素材リングです。

準備するのは、接着剤(できればハンドメイド用多目的接着剤)、

指輪の土台、石

 

f:id:keep-smiling-keep-shining:20181010194005j:plain

写真の石はヴィンテージのスワロフスキーです。

ここにつける石は、お好みのものを選んでください。そして、接着剤でつけるだけです。

 完全硬化には24時間ほどかかりますので、つけたら触らないようにしてください。

 

f:id:keep-smiling-keep-shining:20181010194201j:plain

 

出来上がりは、こんな感じになります。

こちらは、指輪の土台450円、ヴィンテージスワロフスキー1粒400円。

リングにつける石は、できるだけこだわってほしいと思います。

 

通して留めるだけのリング 難易度 ★★

ソロバン型スワロフスキーをたっぷり使って、1粒パールをアクセントに入れた指輪になります。

 

f:id:keep-smiling-keep-shining:20181101150756j:plain

 

準備するのは、ソロバン型のスワロフスキー3mm(クリスタルAB)13粒~17粒

樹脂パール8mm  1粒、テグス 15㎝もしくはノビロン(伸縮性のあるテグス)

 

f:id:keep-smiling-keep-shining:20181101151139j:plain

 

テグスに、スワロフスキーとパールを通していきます。

今回使用したスワロフスキーはクリスタルABです。私が、オーロラっぽい輝きが好きなのでこちらをチョイスしていますが、ピンクといった色付きもあります。お好みのものを使って下さい。

 

パール部分もコットンパールや、好きな素材を使ってください。

 

f:id:keep-smiling-keep-shining:20181101151507j:plain

写真では、ソロバン型スワロフスキーは13粒使用していますが、少し小さめになります。伸びるテグスを使えば問題ないですが、普通のテグスであれば、15粒くらい使った方のが良いかもしれません。

 

 

パーツ全てをテグスに通したら、固結びをして留めてください。

 

f:id:keep-smiling-keep-shining:20181101151907j:plain

 

テグスは、固結びしたところから3つほどスワロフスキーに通して戻します。

それぞれ②部分に出してもらい、はさみで余分なテグスはカットします。

 

f:id:keep-smiling-keep-shining:20181101152125j:plain

 

f:id:keep-smiling-keep-shining:20181101152107j:plain

 

出来上がりです。

テグスやノビロンの扱いが難しい場合は、強度には若干欠けますが、木綿糸に針を通してテグスの代わりにすると非常に作りやすいです。

 

ソロバン型スワロフスキー13粒 200円前後

樹脂パール 1粒 10円

テグス 10円

 

樹脂パールやテグスはまとめ売りなので、はっきりとした金額は出せませんが、かなりお安く仕上げることができます。

 

キラッキラ大好き スワロフスキーエタニティーリング 難易度 ★★★

グルーデコを使用して、スワロフスキーを1粒ずつ埋めていきます。

 

f:id:keep-smiling-keep-shining:20181101152835j:plain

 

準備するものは、グルーデコ用粘土、スワロフスキーPP24 20粒

スワロフスキーPP36 1粒、リング土台(幅3㎜)

 

グルーデコの知識が必要になります。AとBの粘土同量を混ぜて、5分程こねます。

その粘土をリングに埋めていき、最後にスワロフスキーを埋め込んでいきます。

作り方、かなり簡素化していてすみません。

 

f:id:keep-smiling-keep-shining:20181101153212j:plain

周りを囲んでいるスワロフスキーはクリスタルを使用。

真ん中の大きいスワロフスキーは、ブルーサファイアを使っています。

コロラドトパーズもおすすめです。

 

f:id:keep-smiling-keep-shining:20181101153347j:plain

 

こちらのリング、私は右手中指につけることが多いです。

すご~い高い確率で「キラッキラですね~」と声をかけてもらえます。昨日もサティーのレジの方に「うわ~、すごい、キラキラですね~」と言われました。

多分、本物のダイヤにもひけをとらないと思いますww

 

リング台 300円

グルーデコ粘土 700円

スワロフスキー(チャトン)PP24 クリスタル 200円前後

スワロフスキー(チャトン)PP36 1粒 60円前後

 

 

まとめ

情報番組、ファッション雑誌をチェックすることで、新しい情報を入手することができます。その情報をアクセサリーに反映させることによって、自分自身も冒険もできますし 、興味をもってもらえる可能性も高くなります。

 

楽しみながら、そしていつか身につけてくれる方のことを思いながら、ハンドメイド楽しんでください。

 

 

ブログを書くはげみになりますので、よろしければポチ願います。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村