手作りアクセサリー初心者からハンドメイド作家をめざそう

手作りアクセサリーを作ってみたい初心者さんはもちろん、いずれは作家として頑張っていきたい皆さんを応援します

100均のピンバイス(ハンドドリル)でレジンのアレンジが広がります

100均のピンバイスのコスパは?

以前から、ピンバイスを探してました。使用頻度はそれほど高くないので、100均で購入出来たらとずっと探してました。…がしかし、どうしても使いたい状況になったので、Amazonで購入したのです。

購入した2週間後に、Can★Doで発見😨

このピンバイス、発売元が新潟県三条市にある中島桐次郎商店株式会社とあり、Made in Japan!?と思ったのもつかの間、海外製品であることが判明。。。

 

どちらにしてもピンバイスが100均で購入できるって、すごい!と一人感動。

使っての感想などをお伝えいたします。

 

スポンサーリンク

 

 

ピンバイスとは? 

 

ピンバイスとは何?と思う方もいるかと思いますが、ハンドドリルです。

薄いプラスチックに穴をあけたり、レジン作品に穴をあけたりすることができます。

貝殻に穴をあけたりもできるんですね。

模型を作られるクラフターには、必須道具のようです。

 

100均のピンバイス

既に、Amazonで購入した1000円以上もするピンバイスを持っているのにも関わらず、ず~っと探し続けていたこと、購入したピンバイスがイマイチだったこと、108円という安さに惹かれたことで、迷いなく即購入。

 

100均のピンバイスの使い心地は?

最初に結論から言ってしまうと、「なかなか使える子でした」

 

「ダイソー」「セリア」「Can★Do」と、行く先々で見つけた100円ショップに入ってはピンバイスを探してたのですが、陳列棚にならんでいたことがなく諦めたのでした。そうしたら、新横浜プリンスペペに大きなCan★Doがあるのですが、そこでやっと出会えました。

 

小さい100均だと置くものが限られますね。ましてやピンバイスってマイナー商品ですし。

 

100均のピンバイス

 

このピンバイス、写真右の頭部分がちゃんとクルクル回るので、穴あけが楽です。

ピンの太さは明記されていないのですが、手持ちのピンバイスと比べてみました。

 

100均のピンバイス

 

大体の目安ですが、左の細い方が1.0㎜で右の太い方が1.8㎜くらいではなかろうかと思います。

レジン作品にヒートンをつけるなら、1.0㎜でも1.8㎜でも問題ないです。

 

スポンサーリンク

 

 

実際にレジンにヒートンをつけてみた 

以前、Amazonで購入したピンバイスを実際に使ってみた様子をお伝えしましたが、比較したかったので、以前の記事に手を加えて再度登場。

 

Amazonで購入したピンバイス

 
 

ピンバイス

入っていた袋がなんだか可愛くて、ついついポチっとしました。
 
お値段1,380円 桃つのレビューは、★1.5 正直とても低いです。
 
なぜなら…
1.5㎜以外の細いドリルは、そもそもうまく取り付けられない。
 
やっと取り付けても、作業途中にスコンと引っ込んでしまう。
 
で、結果1.5㎜のドリルをがっちがちに締めて使ってます。きっと、以後1.5㎜以外使わないだろうなというのが、理由です。(;´д`)トホホ
 

ピンバイス

入っていた袋は可愛かったのですが。
 

ピンバイスでレジンに穴開け

使用したサイズは1.5㎜ なかなかいい感じです。
使い心地も悪くないです。
 
 

UVレジン作品 ヒートン ピンバイス

開けた穴にヒートンを入れてレジンで固めてみました。
 

UVレジン作品

こちらは問題ないようです。
 

100均のピンバイス

 
先日購入した球体モールドで作ったレジン作品に穴あけをしてヒートンをつけてみました。使っているレジン液はどれも「星の雫」です。
 

ヒートンと9ピンをレジン作品に装着

0.7㎜の9ピンとヒートンをつけていきます。
9ピンは、長さ2-3㎜だけ残すようにニッパーでカットします。
 

100均のピンバイスで球体レジンに穴をあける

 
球体なのでどこから穴をあけても一緒ですが、写真は丸くするために後からレジンを充填したところに穴をあけています。ドリルが細いので、穴あけに力がいるのと時間がかかります。しかし100円という価格からいえば、十分なパフォーマンス!
 

f:id:keep-smiling-keep-shining:20190803104750j:plain

👆写真の穴を埋めたところです。
 

球体レジンにヒートンを入れる

 
ヒートンのスクリュー部分が大きめだったので、太いピンバイスで更に穴をおおきくして、ヒートンをねじこんでみたらしっかりと固定。
 
太いピンバイスは、穴あけがかなり楽でした。
本当はレジン液につけて硬化する予定でしたが、がっちり固定されているのでこのままでフィニッシュ。
 

f:id:keep-smiling-keep-shining:20190808111305j:plain

スクリューのついたヒートンなら、100均の太いピンバイスで穴あけしても大丈夫でした。ヒートンの太さをチェックして、使用するピンバイスのサイズを調節してください。
 

スポンサーリンク

 

9ピンをヒートン代わりにしてみた

細いピンバイスで穴あけしました。0.7㎜の9ピンを使用するので、こちらはレジン液で固める必要があります。

 

深く穴をあける必要がないので、1分程クルクルとピンバイスを回して穴あけ。

100均のピンバイスで球体レジンに穴をあける


短くカットした9ピンにレジン液をつけます。

ピンセットを使うと楽ですよ。

カットした9ピンにレジン液をつける

 

穴をあけたところに、9ピンを入れてピンセットで固定しながら硬化させます。

今回は、約1.0㎜のピンバイスで穴あけして、0.7㎜の9ピンをつかっているので、1度硬化させたら、爪楊枝で少量のレジン液を目立たないように充填して再度硬化させます。

 

f:id:keep-smiling-keep-shining:20190803112354j:plain

こんな感じになりました。

 

9ピンの長さを2-3㎜にカットであれば、写真のようになりますし、もう少し強度を持たせたい時には4㎜-4.5㎜くらい残して9ピンをカットすると良いです。

 

球体モールドについては、こちらの記事を参考にしてみてください。

 

www.momotsu.com

 

まとめ

ハンドメイドの工具で、頻繁に使うものは手に馴染むものを選ぶと良いかと思いますが、使用頻度が低いものはコストをかけずに代用できるものがあればそちらを使ってみてください。

 

100均でも、思いがけないパフォーマンスの良い工具と出会えることがあります。小さな100均よりは、大きい方のが種類が豊富ですが、ついつい無駄に買い物をしてしまうリスクもあります(;´∀`)

それは、私だけかしら~ 

 

おまけ

コモモのテヘペロ写真。っていうか、ご飯食べ終わって口ぺろぺろしてるだけなんですけどね。

 

先月、信濃町駅で防犯カメラ上に巣を作ったツバメ発見。防犯カメラ、大活躍してます。
  

 

ランキングに参加しております。

よろしければ、ポチお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク