手作りアクセサリー初心者からアクセサリー作家(ハンドメイド作家)をめざそう

手作りアクセサリーを作ってみたいと思った方はもちろん、既に作っていていずれは作家として頑張っていきたいと思う方を応援するブログです。

【天然オパールにも負けない京都オパール!】京都オパールフレークをUVレジンで使ってみた

京セラから発信、京都オパール

  

UVレジンコーナーで気になっていた京都オパールフレーク。ぱっと見は、鉱物を細かく砕いた感じで地味なのですが、京都オーパールフレークを使った見本のアクセサリーは、名前の通りオパールの輝き。

 

自分の誕生石が10月のオパールなので、好きな石の1つです。それがお手軽に作れるのはオパール好きにはたまりません。

 

オパール原石

 

1㏄という微量で税込み540円は、ちょっと、、、いや、かなりお高い。でも、それだけの価値があるんですよね。

使ってみたい!ということで、貴和製作所に陳列されていた5色から3色を吟味して購入してみました。コンプリまであと2品なんだから、購入しちゃおうかなぁと思いつつ、こういうところが慎重なんです(;´∀`)

 

実際に使ってみての感想や、京都オパールフレークを使ったレジン作品を紹介いたします。 

 

 

京都オパールって何?

 

 京都オパールは、天然オパールと同じ石英粒子をもとにして、京セラが独自開発した人工オパールです。人工オパールは他にもあったのですが、人工的な染色を加えることで、多彩なカラーを楽しめるようになりました。

京都オパール

京都オパール

もともとオパールは、割れ欠けといったもろさがあったのですが、京都オパールは人工処理をすることで強度を保て、色々なカットが楽しめるようになりました。

京都オパールに関する詳しい情報はこちらから。

さすがは京セラさん!素晴らしい。

 

京都オパールフレーク

 

京都オパールフレークは京都オパールを細かく砕いたもので、レジン液に入れて固めることでオパールのように、見る角度によって色彩が違い、魅力的な効果を出してくれます。

 

京都オパールフレーク

 

今回購入した3点。

左から、百塩茶、瑠璃色、唐紅花になります。

 

京都オパールフレーク


その他に、杜若色(左)と胡粉があります。

 

粒子が細かくホログラムより扱いやすいと思いますが、 レジン液と混ぜる量が少ないと貧弱なオパール感が出てしまうし、多く入れてしまうとレジン液の中におさまりきれない場合(細かいホログラムだとレジン液の上にこんもり出てしまう感じ)があったりすることがわかりました。

 

フレークをこぼして無駄にできないので、爪楊枝で地道にレジン液に足して調節していきます。

 

京都オパールフレーク

 

瑠璃色の京都オパールフレークをレジン液で固めたものです。

左は、少し量が少なかったようで色が薄くなってしまいました。実際に着用すると、オパールの味わいは出るのですが。

 

右は、かなりオパールフレークを詰め込んでいます。ケチらずに、フレークを入れるのがキレイに仕上げるポイントです。

 

京都オパールフレーク

 

左が、百塩茶で右が唐紅花を固めたものです。

写真では、オパールの良さがお伝えできてない感じがします。本当はもっとオパールオパールしてます。

 

京都オパールフレーク


3つをならべてみるとこんな感じです。

 

京都オパールが使われている商品

 

近頃、注目を浴びている京都検定。歴史や文化を学び日本を理解することや、「もっと京都を知りたい」「知識を仕事に生かしたい」といった声に応えた検定試験です。

1級、2級、3級とありますが、1級合格者の合格バッジには、京都オパールが使われています。

 

京都検定

 

ネイルジェル「KOKOIST Gem Gel シリーズ」でも京都オパールが使われています。

爪先にオパールの輝きがあったら、ワンランク上のお洒落上級者ですね。

 

京都オパール


京都オパールフレークを使って作品を作ってみました

今回は、どうしても作りたいと思っていた作品です。

私が元気や癒しを頂いている、スミノフさんちのニャンコとワンコたち。天国に行ってしまったニャンコの「いち」。優しいいち。そのいちを思って作ったバッグチャームです。

 

スミノフさんのブログはこちらで、優しいいちのブログはこちら

www.suminofv.info

 

京都オパールフレークのバッグチャーム



 

体に唐紅花と百塩茶の京都オパールフレークを使ったのは、紅葉したモミジの中にいるイメージです。あえて、うっすらと紅くしてます。目、シッポ、お腹に、スワロフスキーを入れてみました。

樹脂パールの間に天然石のラピスラズリー入れてます。

 

バッグチャーム

 

もう一匹、ネコ増やしてみました。アニメの銀河鉄道の夜っぽくなった?

ヤマモミジに染まるいちのイメージは、ダイゴロンさんのブログ写真が素晴らしくて、アイデアを頂きました。ダイゴロンさんのブログも私の癒しになっています。

 

daigoron1990.hatenablog.com

 

そういえば映画「ボヘミアンラプソディー」でも、フレディーマーキュリーの家にいたネコたち可愛かったなぁ。

 

バッグチャーム


クリスマスバザー用作品

京都オパールとは離れますが、昨夜できたてです。

美味しさが伝わってくれると嬉しいのですが。クッキーの素材は、ヨコハマハンドメイドマルシェで購入したものです。

 

クリスマスバザー作品

マグネットにしました。クッキーには、スワロフスキーでデコレーション。 

家族の行事予定や、学校のお便りをクッキーマグネットで留めてもらえたら嬉しいかも。

 

まとめ

 京都オパールフレークで、自分好みの色、艶、キラキラ感が出せるのは、ハンドメイドをする人には革命的なことではないでしょうか!ちょっと、大げさ?

 

1㏄は少ないと思いましたが、実際に使ってみると想像以上に作品が作れると思います。貴和製作所の店員さんにも「この量だとすぐなくなっちますよね(;'∀')」と尋ねたところ、ミスパーフェクト(と、勝手に読んでいる店員さん)は「私、結構使いますが、まだ大分残ってます」の言葉通り、まだまだ楽しめそうです。

 

 

ブログを書くはげみになりますので、よろしければポチ願います。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村