手作りアクセサリー初心者からハンドメイド作家をめざそう

手作りアクセサリーを作ってみたい初心者さんはもちろん、いずれは作家として頑張っていきたい皆さんを応援します

月額380円(税抜)で250誌以上の雑誌読み放題の楽天マガジンがすごい!

雑誌は気軽に読み放題しよう!

川平慈英さん風に「なななんと、380円で250誌以上の雑誌が読み放題なんです」

 

これ、知ってる人は既に余裕で知ってて「なんで今ごろ?」って言われたのですが、桃つ、まぁ知っていたといえば知ってましたが、気にしてなかったわけです(ちょっと強がってみる)

しかし、この楽天マガジンの雑誌読み放題を知り、しかも

380円(税抜)

というお得なこともあって、早速お試しをポチリ!実際に、活用してみての感想を含めてレポートします。

 

 



31日間0円で試してみる

 

アクセサリーは旬のものを 

野菜は旬のものをと言いますが、これ、アクセサリーにも言えることです。っていうか、ファッションに言えることでしょうか。だから、ヒューマンウォッチャーしながら人々のつけているアクセサリーを観察するのですが、やはり一番手っ取り早いのがテレビと雑誌。

 

石原さとみちゃんのピアス可愛い!北川景子さんのリングがおしゃれ、などなどひとりぶつぶつ言いながら、トレンドを追っていくわけです。

 

でも、テレビは一瞬で過ぎ去っていく(DVD撮ればいいんだけど)。

で、次なるは雑誌からトレンドを拾ってます。

 

が、この雑誌が高いの~。高いし、ちょっとゴージャスな感じの装丁だと、なかなか捨てられません。で、重い。

 

ふと気づけば、最近、雑誌らしい雑誌を購入していなかった桃つゆみ。

 

f:id:keep-smiling-keep-shining:20190427025907j:plain 

電子雑誌の利点て何?

 実は、こてこての昭和生まれ。活字は紙で読むものと思っていたので、電子書籍なんて~、私にはムリ~って思ってました。

しかし、雑誌1誌持ち歩くにも、薄くて軽くて筒状にできるSPAっぽい雑誌ならまだしも、女性雑誌持ち歩くと荷物になるし、重い。そしてなにより、高い。

 

ちなみに、桃つがバイブルとしていた「STORY」ですが1冊850gもありまして、ちょっとしたノートパソコン並みの重量感。持ち歩きようの小型版もありますが、それすらも重く感じるのでした。

 

雑誌のSTORY

 

定価820円。雑誌にしては、かなり良いお値段。定期的に購入していれば発売日も忘れないけど、たまに購入すると1週間後に最新版が発売日だったりして。なんとなく損した気分になったりします。

 

でも、電子書籍だと

 

月額たったの380円
税込みだと410円


年額プランだと3600円! 
税込みだと3888

(月額プランよりも960円お得なの)

 

 

1か月間無料でお試し読みができるので、早速入会してみましたが、もっと前からやれば良かった~が一番の感想

 

31日間0円で試すことができるんです!

 

雑誌の種類は何があるの?

電子雑誌を選ぶ時に、楽天マガジンdマガジンとちょっと迷ったのですが、楽天の方のが雑誌数が多いのと、月額利用料が20円お安かったこと。

「ちりつも」で考えると年間240円ですよん。

 

利用可能な雑誌カテゴリー

・女性ライフスタイル
・男性ファッション
・グルメ・トラベル
・スポーツ・アウトドア
・IT・ガジェット
・ビジネス・経済
・ニュース・週刊誌
・家事・インテリア
・趣味・娯楽

 

f:id:keep-smiling-keep-shining:20190427024218p:plain

 

ざっくりと、こんな感じの本が読めます。

もう少し、細かく見て行くと…

楽天マガジンで読める雑誌

こちらが、グルメ・トラベルに関する雑誌です。「おとなの週末」とか「dancyu」も読めますね。

 

楽天マガジンで読める雑誌

こちらはスポーツ・アウトドアに関する雑誌の一部。「スマッシュ」も読めるのね。

 

楽天マガジンで読める雑誌

ビジネス・経済雑誌はこちらの10冊。銀行の待合室で「日経TRENDY」とか探して読んだりしてましたが、これからは楽天マガジンでゆっくり読める~(;´∀`)

 

楽天マガジンで読める雑誌

 

女性誌です!これで最新ファッションもセレブの私服もばっちりチェックできますよ💛

 

アカウント1つで最大7端末

楽天マガジンは、マルチデバイス機能を使えばスマホ/タブレットのアプリ版で5台&PCのブラウザ版で2台、最大7端末で同時利用が可能だから、家族で使えます

  

バックナンバーは読めるのか?

気になるのが、バックナンバー。

これ、読めます。読めますが、雑誌によってさかのぼれる冊数が変わってきます。

例えば、「25ansヴァンサンカン」だと、最新刊&3バックナンバー

「ELLE JAPONエル・ジャポン」も同じく、最新刊&3バックナンバー

「Mart」は、最新刊&2バックナンバー

 

ビジネス経済紙の「日経マネー」だと最新刊&1バックナンバー

になります。

 

制限はある?

雑誌を購入しないと、おまけ的なものはついてこないですww

あと、雑誌によっては懸賞とかの応募も制限があるようですし、紙の雑誌と内容が異なったり掲載されていないページもあります

さくっと、気になる雑誌を読んでみましたが、桃つ的には十分納得の内容でした。

 

実際に使ってみて良かった点は?

美容院へ行って速攻手にするのが、日ごろ購入しない「女性セブン」や「Friday」

こういう雑誌が手軽に読めること。読みたい記事が、いつでも端末があれば読めるのは移動時間の有効利用になります。

楽天マガジンで読める雑誌

 

自分自身の情報のアップデイトがすごく楽です。

本来の目的は、ファッションを追いたいと思っていましたが、

 

え~!結婚したオードリーの春日さんに佐々木希ちゃん似の金髪美女の彼女がいたってどういうこと!?

スマップ中井君の離れられない10年恋人撮ってなになに

と、食い入って読んでしまいました。

 

注目は、ダイヤモンド・ザイの4月~6月の底値で買うチャンス!反撃の最強株95

これ、真剣に読みました。

 

まとめ

ちょっとした雑誌を読むだけなら、断然「楽天マガジン」おススメですよ。漫画も読みたい、他の活字も読みたいとなると選択肢は広がります。

でも、まぁちょっと読んでみようかなとか、余っている楽天ポイントが使えるからというのもありです。

 

でも31日間0円で試してみる!は、ゴールデンウィークの10連休の間だけでも十分価値あると思います。なんてったってお騒がせの「週刊文春」も読めますし、無料ですから

31日間0円で試す

 

 

もし雑誌だけでなく、あらゆるジャンルの本をお試ししたかったり、専門書や話題の本を読みたいという方は、AmazonのKindle Unlimitedをおすすめします。

 

こちらは、初回30日間無料ですが月々の料金が980円です。

お得なキャンペーンを5月6日までやっていて、お試し30日間無料はないのですが、299円支払うと3か月間120万冊もの本が読み放題になります。

雑誌以外も読みたい!という方は、これ一択かなと思います。

 

 

10連休ゴールデンウィークがスタートしました!旅行に行く方は移動時間に情報収集を、行かない方は日ごろ読まない雑誌を読んでみてはいかがでしょうか。