手作りアクセサリー初心者からアクセサリー作家(ハンドメイド作家)をめざそう

手作りアクセサリーを作ってみたいと思った方はもちろん、既に作っていていずれは作家として頑張っていきたいと思う方を応援するブログです。

【ハンドメイドの著作権!】これってもしかして違法?

 

 

[:contents]ハンドメイドアクセサリーを作っていていて、もしかして違法?を解消しましょう

 

オリジナル作品なんだけど、別の作家さんが似たようなアクセサリー作ってたかも。これって著作権の侵害?不安に思うことありませんか?

 

 

悩む女性

 

ハンドメイド作品が世に溢れているため、どうしても似たような作品になってしまったり、自分が好きなデザインで作ってみたら、そのデザインを専門に作っている作家さんからクレームがきたなど、難しい部分であります。

 

反対にネットアプリを使用して販売をする場合、例えば、自分の作品を完全コピーされて販売されていた場合にどうするか?

 

気を付けなければいけない点を紹介いたします。

*自分の経験や文献を参考にしていますので、詳しく確認したい場合は専門の機関にご相談することをおススメいたします。

 

  

 

著作権て何?

 

よく耳にする言葉ですね。著作権とは、知的財産の一つでコピーライトとも呼ばれます。©が著作権マークになります。著作権は、著作物を作成すると発生するもので、特に何かに登録しなくても良いそうです。

 

著作権マーク

 

簡単に言ってしまうと、自分で作った作品を世に公表した時点で著作権は発生します。

どうしても自分の作品の著作権を証明したい場合は、文化庁で登録することができます。そう考えると著作権は、先行者利益が大きいようですね。

 

私はWebデザインの仕事もしていますが、「著作権フリーのイラストです、写真です」と書いてあっても、商用利用不可です!と書いてある場合があります。これを見逃してクライアントさんに納品してしまい、そのデザインがバッグやハンカチといった形になって販売されると、その時点でアウト!なわけです。

 

著作権の侵害によって訴訟問題になる場合もあるので、気を付けてみてほしいところです。

著作権についての細かい説明は、こちらを確認してください。

 

著作物を無断で使うと? | 著作権って何? | 著作権Q&A | 公益社団法人著作権情報センター CRIC

 

 著作権と商標登録の違い

 

著作権は特別な手続きが不要ですが、商標登録は特許庁の許可を受ける必要があります。審査を受けて、似たようなものが先にある場合は審査が通らないようです。

また登録するには費用も発生します。

 

会社のロゴマークなどはよく商標登録されていますが、カーリングの「そだねー」も北海道の製菓会社が商標登録しています。

 

著作権の場合、本人が亡くなってから50年経つと権利を失いますが、商標権の場合は10年で失ってしまい期間は短いのですが、更新手続きが可能なので更新すれば半永久的に使い続けることができます。

 

著作権と商標登録についての細かい説明は、こちらを確認してください。

 

商標登録と著作権の違いとは | 知財辞苑

 

気を付けないと違法になってしまう点

 

ここからが本題ですね。

では、これをやってしまうと違法になってしまうものを紹介します。

 

著作権のあるキャラクターを模倣した作品やキャラクターのついた生地を用いる

 

著作権フリー・商用利用可で有名なのは「くまもん」です。くまもんモチーフはセーフですが、世界的に有名なミッキーマウスなどは違法です。

信楽焼の箸置き

右から2番目の作品をスターウォー〇のキャラクターと言ったら違法ですが、緑のおじさんです!とか、カエルの妖精です!と言ったらOKなわけです。

作者が、カエルの妖精だと思ってみ本を用いずに作った場合は、です。

でも、危ない橋を渡るのはできるだけ避けましょう。

 

言ってしまえば、うまい棒のキャラクターもド〇〇もんに似てるけど、ギリギリな感じですしね(;´∀`)

 

無料レシピや本に掲載されている作品

 

無料レシピに関しては、販売利用可、販売利用不可と書かれているものもあります。

一般的には、不可と思っていた方が良いでしょう。自分で作って楽しむためのものです。

 

本に掲載されているレシピは、作家さんの知的財産です。こちらを完全コピーしての販売は違法になります(もちろん、販売利用可とあればOKですが)。

本から得られる情報は大きいですし、多くの作品を見てイメージを膨らませることでオリジナルの作品も生まれてきます。

 

勉強させて頂く、自分のために楽しむ程度で、本や無料レシピは使用させてもらいましょう。

 

他の作家作品の模倣

 

数あるハンドメイド作品です。使うパーツも似てしまったり、工夫する点も似てしまったりします。これを意図的にやってしまうことは、完全にNGです。

 

しかし、全く自分のオリジナルで作ったけど似たような作品ができてしまうこともあります。これは私の中ではOKです。すみません、私の中でって(´∀`)

 

双子の赤ちゃん

 

滅多にあることではないのですが、ミラクル的に他の方が作った作品と寸分違わずに同じ作品ができてしまった。その方が、商標登録しているとか、意匠登録しているとかであれば、裁判になったときには不利であることは間違いありません。

 

作品を作っていくと、似たような作品になってしまうのは仕方がないことかもしれません。そして、もし私が作った作品に似たような作品を出している方がいても、私はクレームしたりはしません。こじれて裁判になった時の精神的ダメージ、時間とお金の浪費を考えると、お互いの良識を重んじましょうとなるからです。

 

全く同じ作品が何種類も出品されていたら

 

もし、自分と同じ作品が何種類も販売されていたらどうするかです。

全くの完コピーかもしれないですし、リサイクル販売(自分の作品を購入した方がそれをまた販売すること)かもしれません。

 

ネットアプリを利用されている場合は、運営者に連絡するのが手っ取り早いと思いますが、運営者側は基本、双方で話し合ってくださいという回答しか返ってこないようです。

 

例えば、駐車場に車を停めていて事故にあったときに、当人同士の話し合いになりますが、それと同じだと思ってください。

 

しかし、訴訟問題とかそういう大きい事ではなくて「マネしないでね」ということであれば、出品している方のスクリーンショットを撮っておいて、運営事務局に連絡してください。また、出品作品の説明に「デザイン盗作禁止」と記載することもできます。

どうしてもオリジナル作品で盗作されたくない場合は、意匠登録をしてその旨を記載する方法もあります。

 

が、コピーされてると思ったら、まずは怒りよりも「マネされるほどの良い作品なのね」と心広くもってください(*^^*)

 

キットで作った作品

 

パーツショップや手芸店で販売されているキット作品ですが、「商用利用禁止」などの記載がある場合は販売できません。

 

ピアスキット

👆このようなキットで売られているもの

 

私が持っているキットには、商用利用禁止とは書いてありませんでした。

記載がなく、そのキット作品を販売したい場合は販売元に確認をされるのが確実です。

 

まとめ

オリジナリティ溢れる作品を作るのが1番なのは分かっています。

しかし、似たような作品ができてしまうことも、販売パーツが一緒だったり、デザインパーツが一緒だったりすると仕方がないことでもあります。

 

自分の意見を取り入れながら素敵な作品を仕上げてください。

 

著作権、商標登録などについて詳しく知りたい場合は、地域の無料法律相談などに問い合わせてみると良いでしょう。 

 

 

ブログを書くはげみになりますので、よろしければポチ願います。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村