手作りアクセサリー初心者からハンドメイド作家をめざそう

手作りアクセサリーを作ってみたい初心者さんはもちろん、いずれは作家として頑張っていきたい皆さんを応援します

チェコビーズはオールシーズン、どんなアクセサリーでも映えます!

チェコビーズって何?

チェコビーズは、アクセサリー素材の中でも種類が豊富で、比較的安価に入手ができ色々な形に変化する万能パーツです。

さて、チェコビーズですが、名前にもあるようにチェコ共和国で作られたビーズなのです。

チェコの首都はプラハですが、チェコビーズが作られているのはプラハから電車で2時間弱くらいのところにある「ヤブロネッツ・ナド・ニソワ」なんだそうです。

チェコには行った事がない桃つ(インド・ネパールはバックパッカーで周ったことがあるんですけどね~)行ってみたいな~、爆買いしたいな~(;´∀`) 

 

 

スポンサーリンク

 

 

チェコビーズの種類

 

とにかくたくさんの種類があります。一般的なものは、ちょっとスワロフスキーに似た感じのファイヤーポリッシュでしょうか。

成形されたビーズの表面を火で磨いたものです。ビーズに熱が加わると表面が溶けて柔らかい感じで美しいツヤがでるんだそうです。

 

チェコビーズのファイヤーポリッシュ

他にも機械でカットされた、マシンカットや成形加工されたビーズなどは店頭でよく見かけます。

 

また貴和製作所のページより、チェコビーズについての説明がありました。

 

実は、ビーズ自体のフォルムが名前になっているものが多いんです♪  日本に馴染み深いものから、言われてやっと「そう見える…!」と言うものまで。こういう視点でチェコビーズを改めて見ると色々な形があって楽しいですよね。

 

色々な種類のチェコビーズ

 引用 貴和製作所

 

チェコガラス、チェコ石など色々な名前でアクセサリーパーツが売っていますが、私はそれらを総称してチェコビーズと思っています。もし、どなたか「それは違うよ!」とか知っている方がいましたら、教えて頂けると助かります。

 

ボヘミアンガラスのアクセサリーパーツもありますが、さすがにチェコビーズとは言えないですね…

 

チェコビーズで作品を作ってみよう

 

2018年12月にヨコハマビーズアートショーで購入したチェコビーズ。ずっと温めていましたが、やっとお披露目できることになりました。

当時の記事がこちらです。

 

www.momotsu.com

 

スポンサーリンク

 

 

チェコビーズのネックレス

今回使用する主役は、もちろんチェコビーズ!

チェコビーズの材料

 

一部、ピンクのスワロフスキーをポイントで入れてますがチェコビーズオンリーでもかなり可愛い色と作品に出来上がりました。

 

必要な材料は

ナイロンコードワイヤー70㎝ (テグスよりも強度があるので)

つぶし玉 2粒

ヒキワ 1個

ダルマ板 1枚

ボールチップ 2個

チェコビーズ お好み

工具
平ヤットコ2本または平ヤットコと丸ヤットコ、ニッパー

 

 

上写真右の四角い10㎜チョークトラパティンは1袋3個入りで120円

 

チェコビーズ

コロンとした形と色が、どんな季節でもピッタリ合います。

ブランボール9㎜は1袋12個入りで252円
 

チェコビーズ

ソラマメっぽい(本当は蝶)このチェコビーズは、ファルファーレというそうです。

こちらはたっぷり40g入って720円です。

 

こちらは、ワイヤーに通すとビーズが色々な方向に向くので、美しいデザインになるんですよ。色もうっすらピンクで、ワイヤーを通す穴の内側が色が濃いので下の写真のようなツヤがでます💛

 

チェコビーズ

 

全て、ヨコハマビーズアートショーで出店されていたガレリエ・クラールさんで購入しました。ファルファーレは新作なんだそうです。

 

ガレリエ・クラールさんのホームページはこちら。

 

www.bohemiabox.com

 

これらのチェコビーズをお好きな感じで入れていきます。桃つは不規則でチェコビーズをいれていきました。長さもお好みで長くしたり短くしたりしてみてください。

 

ネックレスのエンド部分(ボールチップの使い方)は、こちらの記事を参考にしてください。

 

www.momotsu.com

 

本当に、不親切な感じですみません。でも、お好きな感じでチェコビーズを入れていくと味が出てくるんです。

 

チェコビーズで作ったネックレス

こんな感じに作ってみました。 ファルファーレは20個ずつ入れてます。もう少し長めのネックレスにして2重でつけられるようにすると華やかになりますね。

 

黒いTシャツに合わせると、もう少し色がしっかりと出て違う表情になります。

 

チェコビーズのネックレス

スポンサーリンク

 

 

チェコビーズのイヤリング

 

ネックレスに合わせて、簡単に作れるイヤリングも紹介します。

f:id:keep-smiling-keep-shining:20190121104535j:plain

準備するものは

チェコビーズでイヤリング

 

ファルファーレ適量

ワイヤーフープラウンド 1ペアー  120円(税抜) 貴和製作所

高瀬貝塗装ビーズ 2粒 

Cカン4個

イヤリング金具 240円(税抜) 貴和製作所
工具
平ヤットコ2本または平ヤットコと丸ヤットコ(各1本)

 

 

 

イヤリング金具

 

イヤリング金具は写真のものを使いましたが、ピアスを作る場合はピアス金具に変更してください。

 

ワイヤーフープラウンド

 

ワイヤーフープラウンドの片方が写真のように外れます。ここに、チェコビーズを入れていきます。使用したフープは約20㎜だったので、ファルファーレを14個フープの金具に入れました。

 

そこへ高瀬貝塗装のビーズを入れ、またファルファーレのチェコビーズを14個入れます。出来上がりはこんな感じになりました。

 

チェコビーズで作ったイヤリング


夏に向けて真ん中にくるビーズはシェルビーズを使いましたが、ドロップ型のチェコビーズやスワロフスキーなどに変更しても素敵だと思います。

 

チェコビーズで作ったイヤリング

 

イヤリング金具とつなげるのにCカンを使ってます。Cカンは写真矢印のように2つつなげると長さが出るだけでなく、作ったフープのパーツ部分がしっかり耳と平行になります

 

もう少し長さを出したり揺れ感を楽しみたい時は、メタルスティックを使ってみてください。

 

チェコビーズとつなげる金具

 

メタルスティックでつなげるときは、Cカンは上と下で1個ずつつなげます。

 

チェコビーズのイヤリング

 

メタルスティックの色をシルバーに変えても、また雰囲気が違ってきます。

 

スポンサーリンク

 

  

まとめ

 

とにかく種類が豊富なチェコビーズ、好きなようにデザインしてみてください。

デザイン考えているだけでも面白いです。

 

チェコビーズ

こちらもチェコビーズです。小粒で約2㎜のものですが、貴和製作所で1連が120円くらいで購入できます。シードビーズと合わせてリングを作ったりアイデアが無限大です。

 

おまけ

メルカリで素敵な方を発見!

メルカリでもうすぐ600イイね!に手が届きそうな 布小物作家の shirohane さん。

全く布小物が作れない桃つです。ミシン…上糸と下糸がうまくかみ合いません(;´∀`)

そもそもミシン持ってません。

 

f:id:keep-smiling-keep-shining:20190515213956j:plain

 

このクマちゃんは、 shirohane さんが作ったものです。大きさを伝えたくて、クマちゃん左手に指輪かけてみました。すごくクオリティー高いです。

 

クマちゃん後ろ向き

 

後ろはこんな感じで、手足の関節?が全て動きます。もちろん顔も動きます。

 

クマちゃん万歳

 

よくわからないかもですが、バンザイ🙌できます。

おにぎりケースなど出品してますが、他にも布バッグ、ぬいぐるみ、などなどなど作れます。もし布小物でお悩みの時は、メルカリ #shirohane で検索してみてくださいね。クリエイターで検索できない時は、「おにぎりケース」で検索してから、shirohaneさん探してみてください!

 

スポンサーリンク