手作りアクセサリー初心者からアクセサリー作家(ハンドメイド作家)をめざそう

手作りアクセサリーを作ってみたいと思った方はもちろん、既に作っていていずれは作家として頑張っていきたいと思う方を応援するブログです。

ハンドメイドを仕事にするということ!プロとしての意識改革

趣味のハンドメイドからから仕事のハンドメイドへ

 

ハンドメイド作家さんには、2種類がいると思っています。

 

f:id:keep-smiling-keep-shining:20181023152010j:plain

 

趣味の範囲で作品を製作する作家さん 

・仕入れ、作品のデザイン、売り上げをきっちり考えている作家さん

 

ハンドメイドで収入を得るということは、趣味の範囲であれ、自分の作ったものに対価を払って、それを手にしてくれるお客様がいるということ、プロ意識を持つことが必要になってきます。

 

 

趣味のハンドメイド作家

 

作品を作るのが好きで、バザー作品やボランティア活動からスタートした作家さん。

私もボランティア活動からスタートした一人です。ボランティアは、人件費を考えずに販売することから入るので、自分で販売を始めると価格を安く設定してしまう傾向にありますね。

 

趣味の範囲で作っているから、「楽しみ」「採算度外視」で製作されている方もいると思います。

 

材料もこだわりのものを使用して、時間をかけて、安価に提供する。

これは、買い手にとっては素晴らしい作家ではあります。

作家さんは、売り上げよりも作品を認めてもらいたいという満足感が優先してしまいます。

 

仕事のハンドメイド作家

・常に流行をチェックし、季節感を考えた作品を製作。もちろん趣味範囲のハンドメイド作家さんでも、このあたりをとても意識している作家さんもたくさんいます。

 

・自分が作りたい作品よりも、「欲しい!」と言ってもらえる作品を作るアイデアや、質やコストを考えた仕入れを徹底している。

 

・自分がハンドメイドでHappyになるよりも、Happyを与えられる。

 

・販売経路を広げるための努力を惜しまない。

 

自分は、どちらのハンドメイド作家を目指しているのかを考えてください。

やはり、好きを仕事にするのであれば「仕事のハンドメイド作家」を目指す必要があります。

 

f:id:keep-smiling-keep-shining:20181001184045j:plain

 

仕事にするための必要条件

利益を出す」ということが絶対必要条件になってきます。

材料費、製作費、そして買い手が「これなら納得」と思える値段を出せるかがポイントです。

 

インターネットで販売をする場合、特に初めて出品するときには、「こんな強気の値段をつけても大丈夫なのか?」と、不安になるかと思います。

自信を持ってください!

吟味して、製作したあなたの分身・・・のような作品です。

すぐに売れなくても、様子を見ていてください。

 

最初から安い金額で出品してしまうと、あなたへの固定ファンがついたとしても、値段をあげてしまうことで離れてしまう可能性があります。

 

f:id:keep-smiling-keep-shining:20181023154009j:plain

 

目安としては、かかった材料費に、製作時間の工賃をのせます。私は、最低賃金を目安にしていますが、出来上がった作品に対して、その通りに計算するとだいたいが高くなってしまいます💦💦 値段が高すぎても売れません。値段付けは、販売していく中で自然と身についていくと思います。

 

一度作った作品を再販する時は、できる限り同額で販売が鉄則。

安すぎたと思ったら、ちょっと違うバージョンを製作して、付加価値をつけることで値段も上げることができます。

 

質の高い作品を作るというプロ意識、熱意があれば、使ってみたいと思ってくれるお客様がついてくれると思います。

もちろん、作品の中で売れない期間が長い時は、作品のデザインや季節感、素材などの見直しが必要になってきます。

 

面倒だなぁと思わずに、トライ&エラーで作品を成長させていくことが必要になってきます。

 

工程数の多さと値段は比例しない?

アプリを使って、出品している作家さんは多いです。

ハンドメイド作家さんも、どんな作品が出ているのかという市場調査的にチェックされている方がいます(はい、もちろん私も拝見させていただいてます)。

 

市販のパーツを丸カンでつなげたとか、工程数の少ない作品でも素敵な作品は本当にたくさんあります。実際に、私も「へぇ、こんなアイデア気づかなかった」と称賛の声をあげてしまうことがあります。

 

反対に、工程数がどんなに多くて、緻密なデザインであったとしても、身につけたいと思ってくれる人、購入してくれる人がいなければ、デザインを練り直す必要があるのです。

 

アプリ販売をしているハンドメイド作品は、ヤットコも工具も使用経験がない、または無いに等しい方が、市販よりも安く素敵なアクセサリーを購入できないかなぁと、利用している比率が高いと考えています。

 

そのお客様が、例え工程数が少なくても「素敵」と思って、購入してくれたら、いいんです。アクセサリーを作れる人の視点と、購入したい人の視点は違ってくるからです。

 

もっとかみ砕くと、知人や友人にアクセサリー修理依頼されることがあります。

「気に入ってつけていたけど、ちょっと力を入れたら外れちゃって、そのままずっとつけてなかったの」と。

 

見てみると、丸カンが外れてしまっただけでした。ヤットコ2本と丸カンがあれば、すぐに修理できるものだったので自宅に持ち帰り、わずか2分くらいで修理をして翌日渡したら大喜びして、美味しいお菓子が我が家にやってきました💛

 

作った経験のある人には「簡単な事」であっても、未経験の人には「簡単」ではないのです。アクセサリーの工程数まで考えるほど、複雑ではないようです。

 

f:id:keep-smiling-keep-shining:20181023152319j:plain

 

見た瞬間、素敵!つけたい!持ちたい!

が、大切なわけです。

 

ハンドメイド作家としての宣伝活動

f:id:keep-smiling-keep-shining:20181023161033j:plain

 

 

10月22日から24日まで、東京ビッグサイトで行われている国際ファッションワールドへ行ってきました。39か国976の出展の大規模なイベントで、セレクトショップのオーナーや、海外輸出のバイヤーが来場します。

 

私は、質の高いパーツを卸で契約できないかなぁと足を運んだのです。そこで、デザイナーブースでは、個人のハンドメイド作家さんたちが作品を並べていました。

 

製作しているところをデモンストレーションしていたり、作品の説明していたりと、クリエイターであり、営業であり、宣伝部長であったり。

 

f:id:keep-smiling-keep-shining:20181023161105j:plain

(👆 韓国から参加されたハンドメイド作家さん。後ろのバッグもアクセサリーも全て一人で作られてます。許可をもらって、写真撮影させて頂きました。)

 

数名の作家さんから、1つ1つ丁寧に作品を見せて頂き、名刺を交換させて頂き、話もさせて頂きました。

Instagram、Twitter、Facebookやブログと、色々な形で作品(商品)を披露する機会があるなか、海外で目利きのプロのバイヤーさんを相手に作品をアピールする作家さんの熱意に心打たれました。

 

まとめ

 

販売をすると決めたら、作品は「商品」へと変化します。

利益を出すということ、受け取った人がHappyになれるものを作れるプロでなければいけないのです。

意識改革をして、ハンドメイド作家の道を進んでください。

 

ブログを書くはげみになりますので、よろしければポチ願います。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村